誘導灯・誘導標識とは?

みなさんどうもこんにちわ。

寒いですねー、こちらはうっすらと雪が積もっています。今回は誘導灯・誘導標識の概要のお話です。

誘導灯、誘導標識の点検要領を知りたい方は→こちら

誘導灯、誘導標識の点検票記入例を知りたい方は→こちら

誘導灯、誘導標識の設置基準を知りたい方は→こちら

スポンサーリンク

誘導灯ってなに?

文字通り誘導する灯火です。地震や火災などの有事の際に地上(安全な場所)へ通ずる通路へ導いてくれるのが誘導灯・誘導標識です。

誘導灯は蛍光管やLEDで発光しているもの、誘導標識は自ら発光はしませんが、蓄光塗料を使っているので、塗料が暗闇で光ります。

コンビニや飲食店などの出入口、避難階段の入口、廊下などに付いています。大型ショッピングモールなんかだと、誘導灯に点滅装置(フラッシャー)や音声誘導装置などが一体になっている誘導灯もあって、火災等あるとフラッシュして「ピンポーン、非常口はこちらです」なんて音声で誘導してくれるものもあります。しかも日本語と英語(地域により異なる)で音声誘導してくれます。

避難口誘導灯(フラッシュ付)の例

誘導灯の種類

誘導灯はまず避難口誘導灯通路誘導灯客席誘導灯の3つに別れます。

避難口誘導灯は出入口などに付いていて、緑地で白色シンボルになっています。

通路誘導灯は白地に緑色シンボルになっています。また階段に設置される階段通路誘導灯もあります。

客席誘導灯は映画館などの客席の通路側に付いている足元をやさしく照らしている灯火が客席誘導灯になります。

また誘導灯の標識バージョンに誘導標識というものがあり、プラスチックのプレートに蓄光塗料で模様が描かれているものですが、蓄光するので暗闇でも一定時間光ります。この誘導標識には中輝度誘導標識高輝度誘導標識があり、避難口誘導標識と通路誘導標識があります。

通路誘導灯の例

中輝度蓄光式誘導標識の例

誘導灯の大きさ

これも規格があって、大きい方からA級、B級(BH級とBL級)、C級になります。BH級BL級は同じ大きさですが明るさが違います。

以前は大型(蛍光灯40w2灯)、特殊大型(32・35・40w1灯)、中型(20w1灯)、小型(10w1灯)に分れていました。

スポンサーリンク

誘導灯の光源

最近の主力はLEDです。明るくて省電力で長寿命で言うことないでしょう。

一昔前は冷陰極というものが使われていました。省電力、長寿命の小型蛍光灯と言ったところでしょうか。

その前は蛍光灯で、それよりも前は豆電球を使っていた器具もありました(停電時のみ豆電球)。

蛍光管の一般的な寿命は6000~12000時間だそうです。一年間つけっぱなしでおよそ9000時間なので、蛍光管は一年で寿命ということになります。

冷陰極やLEDは誘導灯器具にもよりますが、20000~60000時間で交換時期の目安になります。目安なので60000時間で切れる訳ではありません。ものによっては15年くらい点灯している冷陰極もあるので寿命は長いといえます。

仕事で誘導灯点検していても光源が切れないってのはとても楽ですし、蛍光管タイプみたいに球切れして施主に文句言われずに済みますので(笑)。

日常点検

外観からの確認と簡単な操作で点検します。

  1. 誘導灯の本体に変形・破損・腐食がないか確認します。
  2. 誘導灯の光源が切れていないか(点灯しているか)確認します。特に蛍光管タイプ
  3. 誘導灯の表示面が割れ・変色・変形していないか確認します。
  4. 誘導灯の前に物品等(カーテン・ポスター等)があり、誘導灯を視認出来なくなってないか確認します。
  5. 誘導灯本体の非常電源点検スイッチを操作して(ヒモを引っ張る・ボタンを押す等)非常電源に切り替わり点灯するか確認します。
  6. 誘導灯のインジケータ(赤色・緑色のランプ)を見て異常がないか確認します。最近の器具は緑色ランプが常時点灯、赤色ランプは常時消灯で正常です。緑色ランプ点滅とか赤色ランプ点灯・点滅でなにか異常があるということになります。

誘導標識の場合は3・4番を確認すればOKです。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

コンビニや飲食店へ行くと入口の誘導灯(蛍光灯タイプ)の球が切れているのを良く見かけますが、こまめに球交換するかLED器具に交換して常時点灯してもらえればなーと思います。

次回は誘導灯・誘導標識の消防点検の説明をします。