誘導灯及び誘導標識の設置基準 その2

皆さんこんにちは。

最近はなんだか昼間暖かくて昼食後に眠くなります(笑)。だんだんと春が近づいてきているみたいですね。今回の記事は前回の続きをやっていきます。

スポンサーリンク

誘導灯及び誘導標識の設置基準

長時間(60分間)定格型誘導灯の設置

通常設置される誘導灯の非常電源(バッテリー)の容量は20分ですが、下記のいずれかに該当する防火対象物では60分定格の誘導灯を設置しなくてはなりません。(20分間を超える時間における作動に係わる容量には自家発電設備によるものを含む)

  1. 述べ面積50000㎡以上
  2. 地階を除く階数が15以上であり、かつ、述べ面積30000㎡以上
  3. 地下街で述べ面積1000㎡以上
  4. 地下駅舎(乗車場、階段、通路など)

60分定格の誘導灯の設置場所は、

  1. 屋内から直接地上へ通ずる出入口(附室が設けられている場合にあっては、当該附室の出入口。)
  2. 直通階段の出入口(附室が設けられている場合にあっては、当該附室の出入口。)
  3. 避難階の廊下及び通路(1の避難口に通ずるものに限る。)
  4. 直通階段(※階段通路誘導灯を非常用の照明装置で代替する場合も予備電源を60分間作動できる容量以上が必要。)
  5. 乗降場(地下にあるものに限る。)
  6. 上記5に通ずる階段、傾斜路及び通路。なお、上記3については上記1と4を接続する部分としてさしつかえないこと。

通路誘導灯(階段・傾斜路に設けるもの)の設け方

階段又は傾斜路に設ける通路誘導灯にあっては路面又は踊場の中心線の照度が1ルクス以上となるように、また、地震動等に耐えられるよう壁、床等に堅固に設ける。

政令別表第1(1)項から(16 の3)項までに掲げる防火対象物の階段又は傾斜路のうち、非常用の照明装置により避難上必要な照度が確保されるとともに、避難の方向の確認(当該階の表示等)ができる場合には,通路誘導灯の設置を要しない。

※建築基準法の規定により非常用の照明器具などで階段の床部分の照度が1ルクス(蛍光灯の場合は2ルクス)以上であれば階段通路誘導灯の設置を要しない。(非常用の照明器具で代用できる。)

誘導標識の設置基準

  1. 避難口である旨、又は避難の方向を明示した緑色の標識とし、多数の者の目に触れやすい箇所に、避難上有効なものとなるように設置する。
  2. 避難口又は階段に設けるものを除き、各階ごとに、その廊下及び通路の各部分から1の標識までの歩行距離が7.5m以下となる箇所及び曲がり角に設置する。
  3. 多数の者の目に触れやすく、かつ、採光が識別上十分である箇所に設置する。
  4. 誘導灯の有効範囲内の部分については、誘導標識を設置しないことができる。

誘導灯に代えて設置される蓄光式誘導標識の設置

  1. 高輝度蓄光式誘導標識とすること。
  2. 避難口の上部又はその直近の箇所に設けること。
  3. 性能を保持するために必要な照度が採光又は照明により確保されている箇所に設けること。
  4. 周囲には蓄光式誘導標識とまぎらわしいまたは蓄光式誘導標識を遮る広告物、掲示板等を設けないこと。

通路誘導灯を補完するために設けられる蓄光式誘導標識の設置

  1. 高輝度蓄光式誘導標識とすること。
  2. 床面又はその直近の箇所に設けること。
  3. 廊下及び通路の各部分から1の誘導標識までの歩行距離が7.5m以下となる箇所及び曲がり角に設けること。
  4. 性能を保持するために必要な照度が採光又は照明により確保されている箇所に設けること。
  5. 周囲には蓄光式誘導標識とまぎらわしいまたは蓄光式誘導標識を遮る広告物、掲示板等を設けないこと。
  6. ※光を発する帯状の標示を設けることその他の方法によりこれと同等の避難安全性が確保されている場合にあっては、上記1~5によらないことができる。

スポンサーリンク

図解による誘導灯設置例

避難口誘導灯

避難口誘導灯は下記の(ア)~(エ)までに掲げる避難口の上部又はその直近の、避難上有効な位置に設ける。

避難口誘導灯の設置例

通路誘導灯

通路誘導灯は廊下又は通路のうち、下図の(ア)~(ウ)に掲げる箇所に設ける

通路誘導灯の設置例

また通路誘導灯間の配置は以下による

通路誘導灯間の距離

避難口誘導灯、通路誘導灯を設置する場合の手順

上図を参照して、

  1. 直接地上へ通ずる出入口・直通階段等に避難口誘導灯を設置(A)
  2. 曲がり角に通路誘導灯を設置(B)
  3. 主要な出入口等(規28の3-3-1、イとロ)に設置されている避難口誘導灯の有効範囲内の箇所に通路誘導灯を設置(C)
  4. 廊下又は通路の各部分について、(A)~(C)の誘導灯の有効範囲外となる部分がある場合、当該部分をその有効範囲内に包含できるように通路誘導灯を設ける(D)
  5. 以上の他、防火対象物又はその部分の位置、構造及び設備の状況、使用状況から判断して、避難上の有効性や建築構造、日常の利用形態などを加味して設置位置や使用機器を調整する。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

かなり細かい内容でしたので私も大変でした(笑)。今回の記事の誘導灯設置基準は点検でも役に立つと思っています。間仕切り変更や改修工事などで部屋や通路の変更があった場合に正規な位置・距離に誘導灯(誘導標識)が設置されているか確認ができます。

通常であれば改修工事後には消防署が検査に来て確認するのですが、まれに消防署に書類(模様替え等に係る資料提出や消防用設備等試験結果報告書など)を提出しないで工事を行う業者がいて、その場合消防署は改修工事が行われたことがわからないので検査等ができません。その後点検に入ったときに「あれっ?配置が違うなぁ」といった時に役に立つと思います。

ちなみに私の遭遇した業者は誘導灯の器具交換の工事を30台ほど行ったにもかかわらず設置届を提出せずしらばっくれていた電気屋がいました。もちろん甲種4類を持っていない無資格工事です。

しかも階段通路誘導灯をC級避難口に交換していたので私が「C級避難口は階段には付けられませんよ?」と言ったら「C級避難口余っていたから付けた」とか訳のわからないことを言っていました。まぁこのブログへ勉強に来ている方々には無資格工事を行う方はいないと思いますが、器具交換をしたら設置届を提出しましょう。次回は誘導灯設置届の記入例をやっていきます。