消防設備士について

皆さんこんにちは。ご機嫌いかがでしょうか?。

今回は消防設備士についてお話させて頂きます。あまり聞きなれない方もいると思いますのでぜひ見ていってください。

スポンサーリンク

消防設備士って何?

一般的には消防設備士や消防設備点検資格者という資格を所持し、消防設備を点検・整備・工事する職種(職業?)を言います。

通信講座のユーキャンの資格一覧にも消防設備士の欄があります(ごく一部の類)。

このブログ冒頭にも言いましたが消防用設備ってもの自体知らない人が多いので、消防設備士って職種は非常にマイナーだと思います。電気工事士のほうがよっぽどメジャーでしょう。

どんな資格なの?

消防設備士は自動車運転免許と一緒で種類が分かれています。

運転免許なら普通車・大型・自動二輪などが分かれていて、運転できる車種も分かれています。

消防設備士も甲種特類・甲種1類~5類・乙種の1類~7類ま分かれていて点検・整備・工事できる範囲が決められています。以下の図を参照してください。

消防設備士でなければ従事できない工事・整備の区分

図を見てみると6類と7類は工事の部分がありませんが、消火器は設置するだけなので工事は行わないですし、7類の漏電火災警報器は、機器取付工事を電気工事士が行うので7類も工事の部分はありません。

結構マイナーな消防設備士ですが、そのなかでも需要のある類は1類、4類、6類です。ユーキャンもこの3つを受講できます。

皆さんの勤め先の建物にも消火器や消火栓、火災報知機ありませんか?。この3種類は比較的規模の小さい防火対象物にも設置されることが多いので需要があります。

消防設備士は誰でも取得できるの?

乙種はだれでも受験資格があります。なので高校生でも試験に合格すれば取得できます。

甲種は一定の受験資格が必要で、電気工事士免許を持っている・建築士免許所持・消防用設備工事補助者として5年以上の経験を有する・・・などです。詳しくは↓
(一財)消防試験研究センター 甲種消防設備士 受験資格

免許の再講習について

消防設備士免許は取得後一定期間経過後再講習を受講しなければなりません。

それは消防用設備は技術革新が著しく、新たな事態に対応するためにたびたび法改正が行われるので常に最新の技術・知識を習得し法令に適応しなければならないからです。

それに受講区分が分かれているの(下図参照)で所持している類別の講習を受講する必要があります。

また再講習を受講しないと免許返納の対象になる可能性があります。今現在消防用設備の業務に携わっていなくても(免許の所持のみ)再講習を受講しなければなりません

消防設備士の講習区分

工事と整備について

最初の図で工事と整備ってあるけど、工事ってどこからどこまで?。

これは

  • 新設・移設・増設は原則として「工事」
  • 改修時、新たに設計が必要な場合は「工事」、それ以外は「整備」

になります。

またヒューズの交換や表示灯の球交換など機能・構造に直接影響を及ぼさない程度の軽微な整備は「整備」に該当しないので誰でも行えます。

あと、工事・整備からの除外部分として、配管・電源・水源の部分の工事・整備は消防設備士でなくても行えるとしています。

これについてはこちらの記事で詳しく記載させて頂いています↓

消防用設備等の工事と整備の違いについて

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございます。

ちょっと(かなり)マイナーな消防設備士の事、なんとなくご理解頂けたでしょうか。このブログを通じて消防設備士や消防用設備が少しでもメジャーになるように頑張ります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク