屋内消火栓の点検要領 その3

皆さんこんにちわ。

今回は前回の屋内消火栓の点検要領その1・その2の続きをやっていきます。

その3では、配管の部分や消火栓箱、総合点検による放水等の部分になります。

スポンサーリンク

配管等

管・管継手

変形・破損・漏れ等がなく、他のものの支えつりなどに利用されていないか確認する。

支持金具・つり金具

脱落・緩み・曲がり等がないか確認する。

バルブ類

変形・破損・漏れ等がなく、開閉位置が適正で開閉操作が容易に出来るか確認する。

ろ過装置

ろ過網等の変形・破損・漏れ・異物の堆積等がないか確認する。このろ過装置にはY型ストレーナーやフート弁に付属するろ過網も含まれる

逃し配管

変形・破損・腐食・漏れ等がなく、逃がし水量が適正であるか確認する。

※設置時と比べて著しい差がないこと。

配管等について詳しくはこちら→消火栓等の配管について

逃し配管について詳しくはこちら→消火栓ポンプのよくある話

屋内消火栓箱等

消火栓箱

周囲の状況

使用上・点検上の障害となる物品がないか確認する。

外形

変形・破損等がなく、扉の開閉が容易に出来るか確認する。

表示

消火栓である旨の表示に汚損・不鮮明等がなく適正であるか確認する。

ホース・ノズル

1号消火栓

ホース及びノズルが必要本数あり、正常に収納されているか、収納状態でのホース及びノズルに変形、損傷、腐食等がないか、接続部の着脱が容易にできるか確認する。

易操作1号消火栓・2号消火栓・広範囲型2号消火栓

ホース・ノズル及びノズルの手元開閉装置に変形、損傷、腐食等がなく、正常に収納されていること。またホースが著しく曲がった状態で収納されていないか確認する。

操作性(易操作性1号消火栓及び2号消火栓に限る。)

一人でホースの延長・格納操作を行い、以下を確認する。

    • ノズルの手元開閉装置の操作が容易にできること。
    • ホースの延長、格納等が容易にできること。

ホースの耐圧性能(1号消火栓に限る。)

(ホースの製造年の末日から10年を経過した日以降に点検を行う場合に限る。ただし、ホースの耐圧性能に関する点検を行ってから3年を経過していない場合を除く。)

ホースの端末部に充水し、耐圧試験機等により所定の水圧を5分間かけて確認する。

    1. 加圧する前に結合金具等の接続状態が適正であることを十分に確認する。
    2. 空気の残留がないことを確認して(空気抜きを十分に行って)から加圧する。
    3. 所定の試験圧力は、ホースの種類に応じて定められた使用圧(0.7Mpaなど)とする。
    4. 危険防止対策を講じた後、急激な昇圧を避け、圧力計で確認しながら徐々に加圧する。
    5. 指定された圧力値で5分間保持して以下の不良がないか確認する。

変形、損傷等がなく、ホース及び金具との接続部から著しい漏水等がないか確認する。

※ 著しい漏水とは、噴水状の漏水又は継続する滴下が生じる状態を目安にする。

ホース耐圧試験の例

消火栓開閉弁

漏れ、変形、損傷等がなく、開閉操作が容易にできるか確認する。

表示灯

変形・破損・脱落・球切れ等がなく正常に点灯しているか、取付面と15度以上の角度となる方向にそって10m離れた所から容易に識別出来るか確認する。

始動表示灯

変形・破損・脱落・球切れ等がなく、正常に点灯または点滅するか確認する。

上記の表示灯と始動表示灯が兼用の場合があります。加圧送水装置(ポンプ)が始動すると表示灯が点滅する方式(フリッカー方式)のものがあります。

使用方法の表示

適正に取り付けられているか、表示内容が適正であり汚損・不鮮明な部分がないか確認する。

スポンサーリンク

降下装置

(屋内消火栓の開閉弁を天井に設ける場合に限る。)

周囲の状況

使用上・点検上の障害となる物品がないか確認する。

外形

変形・破損等がないか確認する。

表示灯

変形・破損・脱落・球切れ等がなく、正常に点灯しているか確認する。

表示

適正であるか確認する。

機能

起動装置を操作したときに正常に降下装置が作動するか確認する。

耐震措置

貯水槽・配管・加圧送水装置等の据付支持等を目視・スパナ等により確認する。

  • 可とう式管継手等に漏れ・変形・破損・腐食等がないか確認する。
  • アンカーボルト・ナット等に変形・破損・緩み・脱落・腐食等がないか確認する。
  • 壁又は床部分の貫通部分の間隔、充填部については施工時の状態が維持されているか確認する。

総合点検

ポンプ方式

起動性能等

非常電源に切り替えた状態で、直接操作部の起動装置又は遠隔起動装置の操作により機能を確認する。

※病院等で非常電源に切り替えて点検することが短時間であっても困難な場合は、常用電源で点検することができるものとする。この場合、点検表備考欄に常用電源で使用の旨を記入する。

加圧送水装置

加圧送水装置が確実に起動するか確認する。

表示・警報等

表示・警報等が適正に行われるか確認する。

電動機の運転電流

電動機の運転電流値が許容範囲内であるか確認する。

運転状況

運転中に不規則若しくは不連続な雑音・異常な振動又は発熱がないか確認する。


放水圧力

任意の消火栓により確認する。

  1. 棒状放水の測定は、放水時のノズル先端から口径の二分の一離れた位置で、ピトー管先端の中心線と放水流が一致する位置にピトー管先端が来るようにして圧力計の指示値を測定する。
  2. ピトー管で測定出来ないもの、又は噴霧ノズルの放水の測定にあってはホース結合金具とノズルの間に圧力計を取り付けた管路媒介金具を結合して放水し、放水時の圧力を測定する。なお棒状・噴霧併用のノズルの場合は棒状放水状態で測定する。
  3. 1号消火栓の放水圧力は0.17Mpa~0.7Mpa以下、2号消火栓の放水圧力は0.25Mpa~0.7Mpa以下であるか確認する。
  4. ホース等から著しい漏水がないか確認する。

ウォーターハンマー防止の為、放水終了時の開閉弁の閉止はゆっくり行うこと。


放水量

放水量は次の計算式により算出する。

放水量(L/min)=ノズル径×ノズル径×0.653×√(放水圧力×10)
例・・・ノズル径13mmで放水圧力が0.32Mpaの場合→13×13×0.653×√3.2=197.41L/minとなる。

放水量は1号消火栓(易操作1号消火栓含む)は130L/min以上、2号消火栓は60L/min以上であるか確認する。


減圧のための措置

加圧送水装置の直近及び最遠の消火栓の開放操作により確認する。

1号消火栓の放水圧力は0.17Mpa~0.7Mpa以下、2号消火栓の放水圧力は0.25Mpa~0.7Mpa以下であるか確認する。

高架水槽方式・圧力水槽方式

放水圧力

  1. 棒状放水の測定は、放水時のノズル先端から口径の二分の一離れた位置で、ピトー管先端の中心線と放水流が一致する位置にピトー管先端が来るようにして圧力計の指示値を測定する。
  2. ピトー管で測定出来ないもの、又は噴霧ノズルの放水の測定にあってはホース結合金具とノズルの間に圧力計を取り付けた管路媒介金具を結合して放水し、放水時の圧力を測定する。なお棒状・噴霧併用のノズルの場合は棒状放水状態で測定する。
  3. 1号消火栓の放水圧力は0.17Mpa~0.7Mpa以下、2号消火栓の放水圧力は0.25Mpa~0.7Mpa以下であるか確認する。
  4. ホース等から著しい漏水がないか確認する。

放水量

放水量は次の計算式により算出する。

放水量(L/min)=ノズル径×ノズル径×0.653×√(放水圧力×10)
例・・・ノズル径13mmで放水圧力が0.32Mpaの場合→13×13×0.653×√3.2=197.41L/minとなる。

放水量は1号消火栓(易操作1号消火栓含む)は130L/min以上、2号消火栓は60L/min以上であるか確認する。


減圧のための措置

加圧送水装置の直近及び最遠の消火栓の開放操作により確認する。

1号消火栓の放水圧力は0.17Mpa~0.7Mpa以下、2号消火栓の放水圧力は0.25Mpa~0.7Mpa以下であるか確認する。

みなさんお疲れ様でした。これで屋内消火栓の点検要領をおわります。