消火栓ポンプのよくある話

皆さんこんにちわ。

日中暖かくて、夜寒く、気温差が大きいので体調管理が大変な時期ですが皆さん風邪などひかないで頑張っていきましょう。今回は消火栓ポンプにまつわる話をしていきます。

点検などでよく目にしたり操作したりするポンプですが、良く知らなかったりすることもあると思いますので参考になればと思います。

スポンサーリンク

消火栓ポンプの話

ポンプの電流値について

私がこの業界に入って間もない頃、まだ消火栓ポンプとか触ったことすらなかった時期に疑問に思ったことです。

消火栓ポンプを締切運転した時と流量試験運転したときの電流値は、締切よりも流量試験運転のほうが大きいですが、その時の私は締切運転でポンプが水を送るぞーって運転している時に締切るんだから電流値は締切のほうが大きくなるんじゃないのかなーって思ってました。

ですが消火栓ポンプは良く出来ていて、水がバンバン流れる状態(放水試験等)の時はポンプは水を送ろうとして頑張りますので電流値は大きくなります。

逆に締切運転の時は水が流れないのでポンプは水を送ろうとしないので電流値は小さくなります。

この特性を生かし点検毎に締切・流量の電流値を確認していれば、締切運転時にいつもより電流値が大きいとかの時に、仕切弁が締まりきっていないのか?とかの確認になります。

逃がし管について

逃がし水の例

他業者がスプリンクラーの管末流量試験を点検やっているときにちょっと見ていた時、点検責任者みたいな人が部下に「早くポンプ止めろーーー!」といって騒いでいました。

別にトラブルがあった訳ではなく、ポンプが止まると涼しい顔で「よし、管末終わり」と言ってました。

多分この責任者はポンプを長時間回すと焼き付くとでも思っていたのでしょう。ですが消火栓ポンプやスプリンクラーポンプはそうそう焼き付きません(他にグランド部などの要因はありますが。)それは逃がし管があるからです。別名「水温上昇防止用逃がし配管」ともいいます。

締切運転時もこの逃がし管から規定量の逃がし水が出ていれば長時間回していてもポンプは焼き付きません(モーターは熱くなってきますが)。

逆に完全に締切(逃がし管も閉)にすれば、ものの10分で焼き付く(ケーシング内の水温が上昇し、インペラー(回転羽)が壊れる)でしょう。

どうもこの逃がし管の意味を知らない人がいるみたいで、逃がし管はポンプ運転時にケーシング内で加圧・攪拌され温まっていく水をすこしづつ抜き、ケーシング内の水温の上昇を抑える働きがあります。

放水銃みたいな毎分4000㍑も流れるオバケみたいなポンプでも、この逃がし管から規定量の逃がし水が出ていれば焼き付くなんてことはありません。そのくらい逃がし管は重要な役割をしているのです。

ですが逃がし管に使われているオリフィス(流量調整の為のプレートなど)は直径3~5mm程度の穴が開いているだけなのでよくゴミが詰まります。ポンプ運転時は真っ先に逃がし水が出ているか確認するクセをつけましょう。

スポンサーリンク

消火栓の用語について

聞いたことはあるけれど、いざ説明しようとすると「あれっ?」となったりするこれらの用語を解説していこうと思います。

ポンプ締切運転

上記でもありましたが、これはポンプに水が流れない状態での運転になります。

具体的には、主管バルブ(メインバルブ)閉、逃がし管開、流量試験配管閉、一次圧調整弁閉で行います。この状態でポンプを運転し、圧力、負圧、電流値などを測定します。

ポンプ流量試験

これは流量試験配管に規定量の水を流した時のポンプ性能を確認する試験です。

具体的には、主管バルブ(メインバルブ)閉、逃がし管開、一次圧調整弁閉で流量試験配管に規定量流して(300㍑/分とか)その時の圧力、負圧、電流値などを測定してポンプの性能が正常かを確認します。

流量試験装置の例

呼水槽(こすいそう)

消火栓ポンプなどは、ポンプ本体内(ケーシング内)に充水された状態でないと水を上手に送水することが出来ません。

その為常にポンプケーシング内を水で満たしておかなくてはなりませんので、呼水槽と呼ばれる水槽を設置して常にポンプケーシング内に水を満たせる様になっています。

これはポンプよりも水源が低い(地下水槽など)場合です。ポンプより水源が高い場合(地上式タンクなど)は水源からの水の圧力でポンプケーシング内を充水できるので呼水槽は免除出来ます。

呼水槽の仕組みの例

ウォーターハンマー

これも消火栓ポンプ等を点検等する際に気をつけたい項目の一つになります。

詳しくは→ウォーターハンマー(水撃作用)とは

フート弁

これも上記呼水槽と同じで、ポンプより水源が低い場所に必要になります。ポンプから吸水管へと水が落水するのをフート弁が防止します。

フート弁は網付きの逆止弁みたいなもので、呼水槽→ポンプ→フート弁の充水を保持します。

もしポンプ非運転時に呼水槽の水量が減る場合にはこのフート弁が閉まりきっていない可能性があります。ちなみにポンプより水源が高い場合はフート弁ではなく仕切弁を付けます。

フート弁の例

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

私も最初はポンプを長時間回すと壊れると思っていましたが、ポンプの中身を理解すればよりいっそう視野が広がり、人生何事も勉強だと思いました。逃し水が重要ということを一つだけ覚えておけば、この記事を最後まで読んでいただいた苦労が報われます。