避難設備

消防用設備

延べ面積ごとの設置設備早見表

この記事は各防火対象物における延べ面積当たりで設置が必要になる消防用設備等を一目で確認できるようになっています。新築や増改築で延べ面積等に変更があった場合の早見表としてご活用ください。
消防用設備

誘導灯などの交換時期について

この記事では誘導灯などの交換時期について解説しています。古い器具の危険性や器具の耐用年数の目安、光源(ランプ)や蓄電池についても交換時期を解説していますので誘導灯等が交換時期なのかを考える目安にしてください。
消防用設備

令第9条の例外とは

この記事では消防法施行令第9条(複合用途防火対象物に消防用設備等を設置する場合、建物を1つの防火対象物とみなすのか又はそれぞれの用途ごとに防火対象物とみなすのか?)及び令第9条の2(防火対象物の地階が地下街と一体になっている場合の運用)について詳しく解説しています。
防火管理

防火対象物定期点検報告制度とは

この記事では「防火対象物定期点検報告制度」が創設された背景や、改正された消防法の内容の確認、そして防火対象物点検が必要になった建物(用途や収容人員など)について詳しく解説しています。
消防用設備

特定一階段防火対象物とは

この記事では特定1階段防火対象物(以下、特定1階段)についてお話しています。特定1階段の概要(創設された経緯や法令文章)、特定1階段に該当する例としない例(例図を用いて解説)、特定1階段に対する消防用設備等の規制強化について詳しく解説しています。
防火管理

収容人員の算定について

この記事では収容人数の算定についてお話しています。算定に関する一般的留意事項(機能従属やみなし従属の取扱い・従業員の取扱い・いす席の取扱いなど)と各防火対象物(用途)ごとの収容人数の算定方法と最後に遊技場を例とした算定例を詳しく解説しています。
消防用設備

消防用設備等の工事と整備の違いについて

この記事では、消防用設備等(工事整備対象設備等)における「工事」と「整備」の違いについてお話しています。工事はどこから?整備はどこまで?というあなたの疑問に具体的な例と工事整備内容一覧表を用いて詳しく解説しています。
消防用設備

工事整備対象設備等着工届の概要表記入例その3

この記事では工事整備対象設備等着工届出書に添付する各設備の概要票(避難器具、総合操作盤、パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備)の記入例を解説しています。記入例を確認したい方はどうぞご覧ください。
消防用設備

工事整備対象設備等着工届出書とは?

この記事では、消防用設備等を工事する際に提出する工事整備対象設備等着工届出書(通称、着工届)と「軽微な工事の範囲」について解説しています。届出の対象になる設備は?いつまでに誰がどのような書類を添付して提出すれば良いかがすぐにわかるようになっています。
消防用設備

誘導灯及び誘導標識の設置基準 その1

この記事では誘導灯の設置基準について説明していて、設計時の注意点及び設置基準・誘導灯の有効範囲・誘導灯の設置箇所・誘導灯の消灯や点滅機能など・通路誘導灯の設置高さ・客席誘導灯の設置について詳しく解説していますのでぜひご覧ください。