延べ面積ごとの設置設備早見表

皆さんこんにちは

今回の記事ではタイトル通り防火対象物(用途)ごとに、延べ面積や階数に対しての必要な設備を一覧にしてみようと思います。

各表は新築や増築時の設計や、点検時に増築されていたなどの時にパッと見れるようになっています。

記事内の設置早見表のサムネイルをクリックして頂くと拡大してご覧いただけますので確認したい項のサムネイルをクリックしてください。

ちなみに表の中の記号(>とか≧)の意味は、>が「~を超える」という意味で、≧が「~以上」になります。

例えば「準耐火建築物≧3000㎡」なら、準耐火建築の場合は3000㎡以上で該当するという意味合いになります。

また、確認の際には令8区画などの例外や、所轄消防により取り扱いが異なる場合がありますので気を付けましょう。

令8区画について確認したい場合は下記の記事から確認できます。

皆さんこんにちは。 もうGWですね。皆さんはどこかへお出かけの予定がありますか?私はありませんが(笑)。 今回はよく令8区画という単語が出てきますが、これは何の区画のことを指しているのでし...

防火対象物(用途)を調べたい方は下記の記事で確認できます。

この記事では消防用設備には欠かせない防火対象物(特定防火対象物や非特定防火対象物の違い)(政令別表第一の用途一覧)について詳細に説明・解説しています。また6項における細分化についても記載しています

複合用途防火対象物(16項)においての消防用設備設置単位は下記の記事で確認できます。

皆さんこんにちは。 今回は複合用途防火対象物(政令別表第一の16項イ及びロ)に消防用設備等を設置するにあたり、建物を1つの防火対象物とみなすのか、又はそれぞれの用途ごとで防火対象物みなすのかとい...

棟と棟がくっついている場合の取り扱い(別棟なのかひとつの棟なのか)については下記の記事で確認できます。

皆さんこんにちは。 今回は消防用設備等を設置する場合の設置の単位についてお話させていただきます。 防火対象物に消防用設備等を設置する場合に、基準となるのは敷地なのか棟なのか、また棟と棟がく...

スポンサーリンク

防火対象物別の早見表

1項~3項

1項の設置早見表

2項の設置早見表

3項の設置早見表

3項の設置早見表の下部に「防火上有効な措置」とありますが、くわしくは下記の記事を参照してください。

みなさんこんにちは。 この度2019年10月1日より今回のタイトル通りに小規模飲食店等にも消火器の設置が義務化されましたので、この義務化がどのように改正されたのか解説していきたいと思います。 ...

4項~5項

4項の設置早見表

5項・イの設置早見表

5項・ロの設置早見表

6項

6項・イの設置早見表

6項・ロの設置早見表

6項・ハ及びニの設置早見表

7項~9項

7項の設置早見表

8項の設置早見表

9項の設置早見表

10項~12項

10項の設置早見表

11項の設置早見表

12項の設置早見表

13項~15項

13項の設置早見表

14項の設置早見表

15項の設置早見表

16項・イ及びロ

16項・イの設置早見表

16項・ロの設置早見表

16の2項・16の3項

16の2項の設置早見表

16の3項の設置早見表

17項~18項

17項の設置早見表

18項の設置早見表

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は延べ面積や地階・無窓階などの条件による消防用設備等の設置早見表をお伝えさせていただきました。

よくある事例として、独立していた棟と棟を接続して1つの棟になった場合や、増築して面積や階数が増えた場合、防火対象物の用途が変更になった場合などがあります。

これらの場合に上記早見表を活用していただき、必要になる消防用設備等を確認していただければと思います。