消防用設備等とは?

皆さんこんにちは。

この消防用設備等とはどのようなものを指すのでしょうか?

聞いたことはあるけど、漠然としか知らない方が大半を占めていると思います。

今回はそんな消防用設備等を解説していこうと思います。

スポンサーリンク

消防法とは

まず消防用設備等とは、この消防法という法律の中に定義されているものになりますので、まずは簡単に消防法というものを解説します。

この消防法の第1条は

消防法第1条

この法律は、火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、火災また地震等の災害に因る被害を軽減し、もって安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資することを目的とする。

となっています。

これは消防法が何の為に(何の目的で)あるかということを示していて、上記の文では火災の予防や警戒(早期発見)及び鎮圧(消火)を行い、日本国民の生命(人的被害)や財産(物的被害)を火災から守り、火災や地震などの災害発生時における被害低減と保安維持及び社会の発展に貢献するということになります。

この火災の予防や早期発見、消火に消防用設備等というものがが必要になってくるということになります。

消防用設備等とは?

この消防用設備等とは消防法の第17条にその記載があり、

消防法第十七条 

学校、病院、工場、事業場、興行場、百貨店、旅館、飲食店、地下街、複合用途防火対象物その他の防火対象物で政令で定めるものの関係者は、政令で定める消防の用に供する設備、消防用水及び消火活動上必要な施設(以下「消防用設備等」という。)について消火、避難その他の消防の活動のために必要とされる性能を有するように、政令で定める技術上の基準に従つて、設置し、及び維持しなければならない。

と記載されています。

これは火災などの場合に人命の安全を確保するため、又は火災の早期発見、119番通報や初期消火、安全な避難などを目的として、上記の学校や病院などの建物(防火対象物という)にこの消防用設備等を消防法やその関係法令にのっとって設置及び維持しなさいということを記載しています。

法律文章は難しく書いてあってよくわからないので、簡単に言えば消防用設備等とは「建物などに設置されている火災が起きたら使う(起動する)設備(器具)」のことで、例えば身近にある消防用設備等には消火器があります。

また消防法(施行令)では学校や病院、工場などの建物を防火対象物として指定し、その用途ごとに細分化して定めています。詳しくはこちらの記事をご覧ください→防火対象物とは

スポンサーリンク

消防用設備等の種類について

上記した消防用設備等には機能的に

  • 消火を行う
  • 警報(報知)を行う
  • 避難の支援
  • 消火活動支援

と言った分類に分けることができます。

これらは「通常用いられる消防用設備等」という区分になっています。この通常用いられる消防用設備等の他に

  • 必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等
  • 特殊消防用設備等

の2つがあります。(下図参照)

消防用設備等の種類について

建物など(防火対象物という)に消防用設備等を設置する場合には、普通は「通常用いられる消防用設備等」を設置しなければなりません。

ですがある要件を満たすと「通常用いられる消防用設備等」の代替として「必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等」を設置することが出来ます。

例えば通常なら屋内消火栓(通常用いられる消防用設備等)を設置しなければならない防火対象物に、パッケージ型消火設備(必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備)を代わりに設置することができるということになります。

また、上記の他に特殊消防用設備等というものがありますが、これは「通常用いられる消防用設備等」と「必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備」には該当しない設備で、総務大臣の認定を個別に受けている特殊な設備になります。

この特殊消防用設備等については詳しく説明している記事がありますので興味のある方はこちらへどうぞ→特殊消防用設備等とは?

ちなみに筆者は、この「通常用いられる消防用設備等」と「必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備」をひっくるめて消防用設備等と呼んでいます。

また特殊消防用設備等は本当に特殊な消防用設備等になりますので、こちらは特殊消防用設備等と呼んでいます。

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございます。

今回は消防用設備等についてお話させていただきました。

一言に消防用設備等といってもいろいろな種類があり

  • 火を消す消火設備
  • 火災を知らせる警報設備
  • 避難を支援する避難設備
  • 消防隊員の消防活動を助ける消防活動上必要な施設

など、多岐にわたりました。

この他に「必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備」や、「特殊消防用設備等」もあり本当にいろいろなものがあるということがわかりました。

全てを覚えるのは大変なので、こんな種類及び設備があるんだなぁくらいに覚えていただければ良いと思います。

普段は使うことない消防用設備等ですが、興味のある方は他にも消防用設備等について色々記載した記事があるのでぜひ当ブログ内を周っていただければ幸いです。